文鳥雛の飼い方!手乗り文鳥に育てるにはどうすればいい?

せっかく文鳥を飼ったなら「手乗り文鳥になってなついてほしい!」「私をパートナーに選んでほしい!」

誰だってそう思いますよね。

この記事では、

  • 3週齢からの文鳥雛の育て方
  • 手乗り文鳥になりなついてもらう育て方

この2点について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

3週齢(生後25日前後)

育てる環境はこんな感じ

プラスチックケース(虫かご)の中に
・湿温度計
・止まり木
・あわ穂
・敷材
・濡れタオル
・ヒーター
・サーモスタット
を設置してしばらく育てます。


この頃の文鳥雛は地肌が見えなくなるくらいの羽毛が生えそろってきて、歩いたりピョンピョンと跳ねて移動するようになります。
挿し餌は1日に6回程行います。

あなたやあなたの家族の生活リズムに近づけて無理のないお世話をしてあげてください。

私はこの頃の雛ちゃんには

  • 1回目ー9:00
  • 2回目ー11:00
  • 3回目ー13:00
  • 4回目ー15:00
  • 5回目ー17:00
  • 6回目ー19:00

という感じでご飯をあげていました。

19時に最後のご飯をあげたあとはそのまま雛を入れているケースを暗くして眠らせていましたよ。

4週齢(生後30日前後)

育てる環境はこんな感じになります。

私はいつでも一人餌の練習ができるよう成鳥用の餌とあわ穂を吊るして設置していました。
また、飛んだ時のために止まり木を低い位置と床にそれぞれ置いておきました。
4週齢の時期は温度計とヒーターは都度移動して温度管理もやってましたね。正直めんどくさいなとも思いましたが、その労力に見合う癒しが見られるのでがぜんやってあげよって気になります。

そろそろ慣れさせるために日中はプラスチックケースではなくケージで過ごさせてください。

ケージには成鳥用の餌とあわ穂を用意して一人餌の練習をしてもらいましょう。最初のうちは食べるまではいきませんがくちばしを使って餌を食べるという事を徐々に覚えてきます。

挿し餌は5回程あげましょう。

4週齢になったらやっと放鳥ができるようになるので30分~1時間程度放鳥して文鳥に遊んでもらってください。

放鳥する際には水浴びを自然に覚えてもらうために水を近くにおいて興味を持ってもらうようにします。
いきなり水に浸けようとしたりかけようとすると怖がってしまうので、文鳥の気の向くまで待ってあげて、きらきらした水面を見せてあげたり、パシャパシャと音を立てて興味を引いてあげるといいと思います。

4週齢になった文鳥は雛ではなく幼鳥と呼ばれるようになり、止まり木に泊まれるようになって飛び始めます。

日光浴のやり方

日光浴と聞くと何となく日当たり良くて直射日光に当てなければいけないものと考えてしまいそうですがそうではありません。

難しいことは私もよくわかりませんが、窓さえ開けておけば太陽に含まれている見えない光が乱反射して文鳥の体や精神によい効き目があるようです。

日当たりにこだわらず、明るい部屋であれば大丈夫です。
冬などの寒い時期でなければ1時間ほど窓を開けて日光浴させてあげましょう。

スポンサーリンク

5週齢(生後35日前後)

5週齢になると飛ぶことに慣れてきた文鳥が勢いよく飛び回ることが増えてきます。
この時に鏡やガラスに勢いよくぶつかって最悪の場合死んでしまうこともあるので、放鳥する前にカーテンや布をかぶせて予防しましょう。

プラスチックケースを卒業し、ケージでの飼育のみになります。
ケージの中には成鳥用の餌を用意しますが、まだ一人餌になっていない場合はあわ穂もぶら下げておくと自分で練習してくれますよ。


もし全然興味を持たない様子であれば放鳥の際にあわ穂を指でつつくしぐさをすると真似をしてつついてくれるのでやってみてください。

一人餌になっていたとしても、はじめのうちは必要な分の餌を食べられていないこともあるので挿し餌も数回あげるといいです。
お腹が空いていれば食べてくれるし、必要なければ食べようとしませんので。

ちなみにうちのシナモン文鳥は6週齢を過ぎるまで一人餌になりませんでした。
ちょうど冬だったので寒さの影響があったかもしれませんが、遅い子もいるので気長に見守ってあげてくださいね。

6週齢(45日前後)

6週齢になるとしっかり羽毛も生え、飛んだりご飯を自分で食べたりして鳥ちゃんぽくなります。

雛の頃はこまめに面倒を見ていたのが、朝起こしてご飯とお水の取り替えにケージのお掃除をしたらあとは放鳥時間まですることがなくなる生活になるのでつい気を抜きがちになるんですが、成鳥になるまでは優しく接してあげることを忘れないでください。

文鳥にとって大事なのは親よりもパートナーです。
雛の時面倒をたくさん見てあげたからといって将来なついてくれるというわけではありません。

スポンサーリンク

どうしたら手乗り文鳥になって懐いてくれるの?

まず、当たり前ですが「嫌われることをしない」こと

これが1番大事です。

嫌われちゃったらそもそもなついてもらうなんてできないですよね。

  • 脅かさない
  • 追いかけない
  • いきなり触らない(捕まえようとしない)
  • 大きな音を出さない(大声)
  • ペンや指(尖ったもの)を向けない
  • 怒らない
  • たたかない(暴力)

この行動を控え、優しく、文鳥を気遣いながら接してあげることで優しい文鳥になってくれるはずですよ。
ただ文鳥にも性格や個性があるので、やはり一概には言えないのも事実です。

そーっと静かに動いているつもりでも神経質だったり、臆病な文鳥は大暴れしてしまったり。

優しく接していても怒りんぼな性格だったり。

本当にうまくいくことばかりではありません。

思い通り、想像通りにならなかった。なんてことはよくあることです。

これから飼おうとしている人はそのことをよく考えてから購入してください。
そんなこと知らずにもう飼ってしまった人はたくさん本を読んだり調べたりして自分なりに工夫したり、里親とかも考えてください。
外に放ったら野鳥に負けて死んでしまうので。

話がそれましたが、あなたが文鳥さんのことを好きという気持ちは行動で示しましょう。
朝起きたら文鳥に挨拶するとか、可愛いところ賢いところをほめちぎるとか、毎日愛を伝えるとか、怒らせたら謝るとか。

そうやってゆっくり信頼関係を築いていくことが、仲良しになれる近道だと思います。

まとめ

文鳥の育て方と手乗り文鳥になってもらう育て方を紹介しました。

雛の時、お迎えした時から、手は優しいものなんだと、文鳥に人が大好きと思わせられるような接し方を意識して育ててあげてくださいね。

楽しい文鳥ライフを送れますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク